HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
SHOPPING −ショッピング ショッピング特集記事送料・お支払い方法ご注文について買い物カゴ
MBTシューズ −MBTのトレーニング効果をもたらす機能−

MBTロゴ

お買い求めはパルフィールド店頭にて

  MBTロゴMBTシューズは、店頭販売のみです。   ・パルフィールド Map

まずは店頭にてMBTシューズを体験してください。いつでも無料体験できます。
当店では「MBTシューズの試乗」と呼んでいます。ご来店をお待ちしております。
一押しアイテム
モカエクスプレス
モカエクスプレス
 
 
おすすめ定番アイテム
ダッチオーブン
ダッチオーブン
 
MBTのトレーニング効果をもたらす機能


なぜ、MBTは従来の靴に反対するのでしょうか。
 とても単純なことです。もともと人間の体は、硬くて平らな地面の上を歩くようには設計されていないからです。
 硬く平らな地面は、従来のシューズとともに私たちの体を人工的に無理矢理安定させます。その結果、一定数の筋群が運動中枢から無視され働かなくなります。これが、今日の近代化された社会で最も多発している健康上の問題、つまり腰・背部痛と関節痛の原因です。
 この問題を解決するために、MBTは、従来の靴に反対する『アンチシューズ』としてデザインされました。従来の靴と違い、舗装路面でも足部の自然なローリング運動を実現し、筋による姿勢維持システムを正しく機能させることができます。
 その鍵は、特許を取得したソール構造。シャンク、ピボットの付のPUミッドソール、マサイセンサーにより、湧水のあふれる苔地や、砂浜を裸足で歩いているかのような「柔らかな地面」が再現されます。MBTは足下に「自然の不安定さ」を生み出し、それに反応して、運動中枢から無視され働くことを忘れていた筋群が活性化。このことが、全身に優れたトレーニング効果をもたらすのです。

■やわらかな自然の地面を歩くとき
1.踵からの接地及び荷重
  接地した踵は、地面に沈み込みます。すると身体は安定させようと反応します。
2&3.前方へのローリング
  踵の沈み込みに伴って中足部の下に、小山状のバランスエリアが出来ます。するとそれを支点にして、足の踏みつけ部に向かう正しいローリングが始まります。
4.自然なトーオフ
  (蹴ってはいけません。)
 
■舗装道路をMBTで歩くとき
       
 
履いているだけでスキーが上達するMBTシューズ


スイスで生まれたトレーニングシューズ

ヨーロッパ&カナダナショナルチームも使用
 日常生活で履いているだけで、骨格が矯正され強くしなやかな筋肉をバランスよく発達させるMBT。
 その効果は、スキーにも発揮され、W-CUPチャンピオンであるミカエル・フォン・グリューニゲン(SUI)が飼養。スイス、オーストラリア、カナダのナショナルチームも使用し、高い評価を得ている。履くだけでスキー上達に繋がるシューズなのだ。

W−CUPでもその効果は一目瞭然

 日本のトップスキー選手でいち早くMBTに注目し、トレーニングに使用し始めたのはアルペン選手の渡辺靖彦選手(チームアルビレックス新潟)である。昨シーズンもFIS大会で優勝を果たすなど、今後に期待のかかる若手選手だ。スキーブーツを共に考えているスポーツ店よりMBTを紹介されたのが今年の5月。依頼、毎日常に履き、1日のトレーニングのうち1時間はMBTで行っている。「初めはすごくバランスのとれない靴だと思いましたが、履いているうちに逆にこれがちゃんとしたバランスなんだと思いました。この靴は足の指がものすごく器用になる靴なんですよ。今まで動かなかったところまで動くようになり、それが勿論、スキーブーツの中でも活きてきて、すごく変わりましたね。小指が使えるということは前に荷重がかかってもグッと踏ん張ることができるんです。」

 履き始めの1週間は、今まで使っていなかったスネなどの筋肉が疲れ、弱い箇所がどこなのかはっきり判る。使用して半年ほど経つと効果が現れ、普通の靴に履き替えても身体は自然にMBTの歩き方をするようになる。「この靴を履くことによって本当のポジションというのはここだったんだなと気づかされました。最近になって効果がはっきり判ります。」

 オーストリア・ゾルデンで行われたW−CUP第一戦の開場で渡辺選手は、多くの選手がMBTを履いているのを見かけたという。欧州のトップ選手の間ではかなりの人気を博しているのだ。
 

MBT的スキーの切り換え動作

 スキーを滑走させるために人間が能動的に行なっている運動は、切り換え、操舵、体軸のねじりである。切り換えは、荷重移動動作、自由滑走動作、着地動作で成り立っている。
 では、MBTの効果はエッジの切り換え動作にどのように反映されるのだろうか。切り換え直前は腰から上を前方へ押し出す動作を行なっている。この時、脚部は踏み込み動作を行なっている。腰の付け根から上体を押し出す感覚で行なうと、ストックを突く時に腰が前へ出る。この時、体幹をヒネらず、頭部の先行動作をすると、後の動作が付いていく。
 MBTを使用すると、肩の動きのみで腕が振れ、歩行時に体幹部の骨盤と肩の動きは、スキーの切り換え動作と同じ動作が可能になる。
 例えば、マラソンの高橋尚子や野口みずきも腕が動いているが、決して腕を振っているのではない。骨盤が前へ出ると同時に胸を高く保っているため肩が後方へ引かれるのだ。世界で活躍する陸上の選手などを見ると、背中が丸まって歩く選手はほぼいない。また、マラソン選手の走りに上下動がないのは、脚の運びが大腿を持ち上げているのではなく、必然的に脚が振り出されているからだ。
 背筋を伸ばし胸を高く保つことにより、腰の位置が上がり目線も前を向く。これが重心の正しい位置であり、最もスムーズに的確な運動ができる姿勢ということだ。
 歩行やランニングは人間の動きの基本である。ということは、スキーでも同じことが言える。スキーも歩行と同様、体軸は2軸であり、2本のライン上を歩く意識がポイントで、カービングスキーに至っては上下動は必要ではない。例えば切り換え時に、前方に出ずに上へ立ち上がってしまうスキーヤーが多い。前方へ出るにはハムストリングスを使用するが、普段のトレーニングでは一番鍛えにくいと言われている部分。しかし、MBTは履いているだけで、ハムストリングスを十分に鍛えることが可能。また、これまでの癖も矯正でき、上下動が少ない先行動作が、スキーの横方向へのズレを最小限にする。イコール、滑走のロスが少なくなるのである。
 MBTを履き、ストックを持って歩くと、ストックワークを含めた切り換え動作のトレーニングに繋がる。日常的に筋肉の動きが身に付いていると、雪上でも自然に本当に必要な筋肉のみを動かす事が可能となる。MBTを毎日使用することが、筋肉や骨盤の可動域を広げるのだ。
 

正しい荷重移動が上達への手助け

 スキー操作には正しい荷重と荷重移動が重要なポイントである。多くの人が内倒してしまっているのは、栂指球への意識が強すぎるのだ。これまでの靴での歩行では、カカトから拇指球方向ヘストレートに急激な荷重移動が行なわれているはず。日頃から正しい荷重移動ができていないので、雪上でも内倒してしまう。
 MBTを履き歩行練習を行なうと、前方への荷重移動に伴い、写真のようにカカトの外側から小指の付け根を通って栂指球方向へ移る。これが正しい荷重移動であり、スキー操作の決め手になる。
 正確な荷重移動ができていると、重心の横ズレを防ぎ、体軸を真っ直ぐに維持したままで上体をネジることが可能になる。
 MBTはスキーヤーにとって願ってもない日常的トレーニングシューズ。これでさらに一歩、上達へ近づく。
 
MBTロゴMBTシューズラインナップ
 
ページトップへ 
 

HOME営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部メイルメイトスタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメール
PALFIELD
Copyright (C) 1998-2003 PALFIELD Corporation. All Rights Reserved.