HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
SHOPPING −ショッピング ショッピング特集記事送料・お支払い方法ご注文について買い物カゴ
スノーピーク 和鉄オーブンポット「ぶんぶく」
400年の伝統が生む究極の和鉄組鍋
  ぶんぶく
キャンプで「美味しい料理」を食べる。

 スノーピークはあらゆる料理に対して美味しく仕上がるための鍋を素材から徹底的に検証を重ね、最も適した素材は「鋳鉄」であるという結論を出しました。
 「鋳鉄」にこだわり素材と製法を追い求めた結果400年の伝統を持つ「山形鋳鉄」と出会うことができました。
 「鋳鉄」は蓄熱性、熱伝導率が高く鍋全体に熱が均一に伝わり、食材にムラなく火を通すことができましす、ゆっくりと調理するオーブン・ロースト料理、煮込み料理も完璧です、さらにごはんも驚くほど美味しく炊きあがります。

 現在市場にある鋳鉄製鍋の硬度はFC8〜FC10と比較的軟らかい鉄を採用しており、量産化し易いのですが丈夫さを出すために肉厚になり、錆止めのワックスも塗らなければなりません。

 「ぶんぶく」は山形鋳鉄の高度な製法技術によりFC20という硬い鉄を採用し本体の厚さも様々な調理に最適な3.5mm、スキレットは4.0mmという薄くて硬い鋳鉄鍋に仕上げ、さらに表面には酸・アルカリに強い天然漆をひとつひとつ職人の手塗りによって焼き付け処理を行っています。

 「ぶんぶく」はポットの側面上部にヒートフラップを備え、効率よく側面にも熱を伝えます、さらにミリ単位の繊細な型の調整により類を見ないスタッキングシステムで優れた収納性を持ちます、またポットの容積や高さをリッド(ふた)とスキレットのアレンジによって4段階に調整できますのであらゆる料理に対応できます。

 「ぶんぶく」のネーミングはご想像の通り「ぶんぶく茶釜」から来ていますが、漢字で「分福」とも書きます。
 「美味しい料理」を口にしていただき、皆様に福が訪れますよう願っております。

 
一押しアイテム
モカエクスプレス
モカエクスプレス
 
 
おすすめ定番アイテム
ダッチオーブン
ダッチオーブン
 

  ページトップへ

スタッキングとシステムデザイン
 
スタッキングとシステムデザイン ぶんぶくは、野外・日常の使用にも配慮したスタッキングシステムデザインを施しています。
 既存流通品のほとんどはスタッキングできません。しかし、ぶんぶくは、ポット・スキレット・リッドを完璧にスタッキングできます。

 しかも、ぶんぶく24、ぶんぶく32という2つの異なるサイズもひとつにスタッキングできます。鋳鉄の製造上難題とされるミリ単位の微細な調整作業に時間をかけて解決し、優れたスタッキング性能を誇る組鍋が誕生しました。


 しかし・・・(;^_^A

 二種類のぶんぶくをスタッキングした総重量は、何と!!!!
 ぶんぶく24が8.3kg、ぶんぶく32が14.1kgで合計22.4kg
 ちょっと、重くて・・・腰を痛めそうですよ。
 

リリースが半年近くも遅れたワケ・・・わたしが思ったこと!!!!

 
 鍋を作る技術は、どうもかなり高度な技術のようです。ポットの肉厚3.5mmは「南部鉄器」に於いても同じ事が記されていました。さらに、南部鉄器の大鍋(直径30センチ以上)は、この肉厚を均一に作られています。この技術が「伝統工芸品」を作っています。この「3.5mm」は、鋳鉄鍋にとってかなり重要なことのようです。肉厚が厚ければいいと言うわけではありません。某○○メーカーのダッチオーブンを見てやっとわかりました。・・・アメリカ「ロッジ社のダッチオーブン」がいかに優れているかということ。
以前、試作品(本漆の焼き付け塗装をしていない鍋)を見たのですが、ポットの底が歪んでいるように見えました。この時感じたことは、(これでは、いまいち)聴くところによると製造元から2回完成品としてあがってきたのですが、どうも不合格だったようです。・・・ここまで待たせたら、「しっかりしたものを・・・」と思っていましたが、先日入荷した「ぶんぶく32」を見てほっと一息でした。

 

ぶんぶく24を使ったおすすめ料理は・・・「炊き込みごはん」

 


ぶんぶくは、シーズニングが不用(本漆の焼き付け塗装)なので即ご飯が炊けます。この鍋の特性を考えるとまずは、ご家庭のガスコンロで「たこめし」「たいめし」「きのこご飯」がおすすめです。

もう一品 おすすめレシピ

●スペアリブとキャベツの田舎風煮込み

 スペアリブをオリーブオイルでソテーしてから白ワインで風味を付け、セージとローズマリーを入れてブイヨンを足して煮込みます。途中でざく切りにしたキャベツをたっぷり加えてさらに煮込みます。軟らかく煮えたキャベツから甘みも出て豚肉との相性も抜群、ここでトマトを入れます、北イタリアでは、色々な野菜とサラミやハム・ソーセージや豚足なども入れて仕上げます。

 

ぶんぶくのスキレットは、「すき焼き鍋」としても最適!!!!

 
 パルフィールドの提案は、鋳鉄鍋は家庭でどんどん使ってキャンプのときは持ち出して外でワイルドに使おう!!
 

ページトップへ
 

HOME営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部メイルメイトスタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメール
PALFIELD
Copyright (C) 1998-2003 PALFIELD Corporation. All Rights Reserved.