HOME
営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部スタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメールサイトマップ
ショッピング スタッフ通信 メイルメイト
SHOPPING −ショッピング ショッピング特集記事送料・お支払い方法ご注文について買い物カゴ
LODGE CASTIRONの慣らしとメンテナンス
[ シーズニング前 ] [ シーズニング後 ]
 鋳物で出来たダッチオーブンは使えば使うほどメンテナンスフリーになるとっても便利なお鍋です。キャンプだけで使うのではなく、ガーデンパーティーなどでもどしどし使いましょう。
 キッチンダッチオーブンならば、家庭のガスコンロでも使えます。チキンの蒸し焼き料理やカレーにシチュー・フライドチキンとレシピも豊富です。お手入れはとっても簡単です。
 まずは、ダッチオーブンを手に入れたらシーズニングをしっかり念入りにしておきましょう。

お手入れ方法
 


ご使用前のお手入れ

 本体には最初、錆止めのため、ワックスコーティングされておりますので、中性洗剤で洗い流してください。
  (必ずスポンジをご使用下さい。)

本体の慣らし(シーズニング)を行う

 慣らしはダッチオーブンを熱に対して強くし、表面の微粒子を油で埋め、焦げ付きにくくするのと同時に錆びにくくします。

 
 
慣らしの方法
 
[キャンプ・オーブン/ダッチ・オーブン/スポーツマンズクッカー/コンボ・クッカー用]

フタ
  1. 表と裏に、無塩油(オリーブ油等)をペーパータオルなどで裏表にまんべんなく薄く塗る。

  2. ガスコンロにかける。火加減は弱火でじっくり・ゆっくりと裏表それぞれ約1時間熱する。
    目安としては、中央部分を中心に本体に焼き色(黒っぽくなる)が付くまで熱する。
    温度が高すぎると、油はしみこまず、ひび割れてはがれ落ちます。火加減にご注意下さい。
    (裏返す場合、かなり熱くなっていますので、必ず厚手のレザーグローブとリードリフターを使用してください。)

  3. 終わったら自然に冷ます。(絶対に水をかけたり衝撃を与えないでください。)


本体

  1. 内側と外側に「フタ」の時と同様に無塩油(オリーブ油等)を内側外側共まんべんなく薄く塗る。

  2. 「フタ」と同様に慣らしを行う。(外側より熱してください。内側は必要ありません。)

  3. 慣らしが終わったら「フタ」同様、自然に冷ます。

スキレット(フライパン)
 スキレットのハンドル部分は加熱するとかなり熱くなりますので、素手では絶対に触れないでください。厚手のレザーグローブやタオルを巻いたりして使用してください。

  1. 全体に無塩油(オリーブ油等)をペーパータオル等で裏表まんべんなく薄く塗る。

  2. ガスコンロにかける。火加減は弱火でじっくり・ゆっくりと約1時間熱する。 目安としては、中央部分を中心に本体に焼き色(黒っぽくなる)が付くまで熱する。

  3. 終わったら自然に冷ます。(冷めるまで絶対に水をかけたり衝撃を与えないでください。)

 ガスコンロにかけ、暖めてから香りの強い野菜くず(ねぎ・たまねぎ等)を炒める。(鉄臭さが亡くなります。)
  炒め終わったら、野菜を捨て、古い油をペーパータオルで拭き取り、同じように野菜を炒める。(その都度、野菜くずは取り替えてください。)
  2〜3回、野菜を炒めたら、古い油を丁寧に拭い、新しい油を薄く塗り、野菜なしで軽く熱し(弱火で3分くらい)自然に冷ます。
これで準備は終了です。

 
一押しアイテム
モカエクスプレス
モカエクスプレス
 
 
おすすめ定番アイテム
ダッチオーブン
ダッチオーブン
 
  
ページトップへ

使用後の手入れ
 


 本体を十分に冷ましてから下記のように手入れをしてください。

  1. 残った料理は別の容器に移してください。(本体で料理を保存しないでください。)

  2. ペーパータオル等で軽く汚れを取ってください。

  3. 本体に水を満たし、フタをして加熱する。沸騰したらフタをとって冷ます。(ぬるま湯程度になるまで)

  4. 焦げ付きがある場合、木へらで取り除く。(お湯をはったまま)

  5. スポンジなどで洗剤を使わず優しく丁寧に洗う、(金属たわし・スチールウール等は使用しないでください。)

  6. 洗い終えたら水洗いし、本体とフタを別々に火にかけ、水気を飛ばす。(熱しすぎないようにご注意下さい。ゆがむ場合があります。)

  7. オーブンが熱いうちに、外側・内側ともに無塩油をまんべんなく薄く塗る。

 

焦げ付きがひどい場合(緊急用)
 
  1. 上記5まで行って焦げ付きがとれない場合、焦げ付き部分をスチールウール等で削り落とす。

  2. この場合、洗剤は使わないでください。(染み込んだ油が抜けてしまいます。)

  3. 洗い終えたら水洗いし、火にかけ水気を飛ばす。(熱しすぎないようにご注意下さい。)

  4. 内側のみシーズニング(慣らし)をもう一度行って完了です。
 
 
保管方法
 


 オーブン内部に湿気がこもらないように(錆びないように)するため、内部に新聞紙などを詰め、フタと本体の間に割り箸などで隙間を作り、空気を循環できるようにしてください。

ティーケトル

  1. 本体外側だけに無塩油(オリーブ油等)をペーパータオル等でまんべんなく薄く塗る。
    内側には塗らないでください。

  2. ガスコンロにかけます。火加減は弱火でじっくり・ゆっくりと約1時間熱する。

  3. 終わったら自然に冷ます。(冷めるまで絶対に水をかけたり衝撃を与えないでください。)

  4. 本体に水・じゃがいも等を入れ、約1時間程弱火にかけてください。(でんぷん質が錆を抑えます。)

  5. 4を何度か繰り返し行いますとより効果的です。
 

使用後の注意
 
  使い終わった後、本体が冷める前に、必ず中に残っている水を捨てます。
  次に弱火で空焼きをし、中の水分を完全に蒸発させます。(水分が残ると錆が発生します。)内側が錆びた場合は、たわしやスチールウールなどで錆を落としてからご使用下さい。

 保管される場合、ケトル内部に湿気がこもらないように(錆びないように)するため、内部に新聞紙などを詰め、フタをずらして隙間を作り、空気を循環できるようにしてください。
 

ページトップへ
 

HOME営業案内ショッピングトレッキングキャンプPAL倶楽部メイルメイトスタッフ通信今風独り言犬!集まれリンクメール
PALFIELD
Copyright (C) 1998-2003 PALFIELD Corporation. All Rights Reserved.