MBTと内転筋

MBTシューズで内転筋を活性させる。
内転筋は、大腿骨の内側にある筋肉です。
正確には、骨盤の下部と大腿骨をつないでいます。
内転筋は、上から
短内転筋
長内転筋
大内転筋と3つに分かれています。
内転筋が、しっかり働かないと膝が外側にながれることがあるようです。
また、骨盤の腸骨には、腸骨筋がありこの筋肉が骨盤を引き締めます。
O脚は、内転筋と大きく関係しているようです。
MBTシューズでウォーキングをする場合、後ろ歩きを組み込むと内転筋
を活性化することに有効です。
できれば、つま先を八の字に開き踵で後ろ歩きをしてみてください。
内転筋にガツンときます。
また、大腰筋がしっかり働くと姿勢が改善され美しくなります。
大腰筋があまくなると、骨盤が倒れ腰痛などの原因にもなります。
MBTシューズのトレーニングをマスターするとMBTシューズを履いている
だけで、これらの筋肉のエクササイズ効果が期待できます。
詳しくは、ご来店のうえMBTシューズの試し履き体験をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました