foot

偏平足の誤解と過ち

偏平足の誤解と過ち

偏平足は、ただ単に土踏まずのアーチが崩れてしまっている状態と思われているようです。

しかし本当は、踵回りの骨格関節が崩れることによる過剰回内(オーバープロネーション)となり、本来のアーチ状の空間を作るはずの土踏まず部分が著しく低下し足の裏が平らに近い状態になっています。

誤解とは、偏平足は本来の状態ではないということです。

過ちとは、土踏まずをインソールなどで直接的に(強制的に)持ち上げアーチを作り、偏平足が治ったと思ってしまうことです。

土踏まずが上下運動する可動域を阻害してしまうと、新たな別のトラブルを誘発する可能性が出てきます。

多くのインソールは足の形を矯正して形を取り戻すインソールになっています。

スーパーフィートインソールは足の機能を取り戻すインソールを目指して開発されたものです。

INSOLE
Base 足骨格は建物の基礎 古くなった木造住宅の基礎が白アリに食われて家が傾くと、扉や窓などの建付けが悪くなり隙間風など入るようになります。応急的に隙間テープを使う 二足歩行の人間も建物と同じで、足骨格のズレや歪...
タイトルとURLをコピーしました